例えば、自分自身で紙袋のデザインをしてみる。

紙袋には、本当に色んなデザインのものがあふれています。私の家でも色々なショップや、デパートの紙袋はどんどんたまって行く状況です。紙袋用にスペースがだいぶとられているくらいです。可愛いものや楽しいもの、色んなデザインが多いし、使わずに捨てるのがもったいなくなってしまうのです。ラッピングペーパーや紙袋などをデザインするのもいいなと思って、そう言う会社を受験した事もあるくらいです。

結果は・・・ですが。ちょっと面白いデザインなどを紙袋に使用してみることです。ケーキやオモチャなどは面白い形をしている物が多いし、知っている人にはわかるけど、知らない人にはミステリアスなデザインに見えるんじゃないかなと思うのです。メルヘンなイメージの面白いデザインが出来るかもしれません。他にも、紙袋などにはいろいろなものがデザインされていますよね。色もそうですし、何かテーマとなるものがデザインされているのです。雄大な自然だったり、身近な食材だったり。何気なく使っている紙袋などにも、意外なメッセージが込められていたりするんですよね。デザインでも、大事なのはその「メッセージ」というところなんだと思いますね。作品は何でもそうなのかもしれないのですが、伝えたいと思う事が、いかに効率的に、インパクトを持って伝えられるか、心に訴えかけられるか、というところがデザインの意味というか醍醐味というものではないか。そう思います。

デザイナーとしてはあまりキャリアもないんですが絵描き歴は長いもので、作品に想いを込めるという意味では、同じかなと思うんですね。紙袋も、もっと、メッセージを伝えるツールとしては使えるものだと思います。広告ともいえますね、その紙袋を持ち歩いてたくさんの人の目に触れさせてくれるわけですから。紙袋から、新たなお店の情報を知ることもありますよね、あら可愛い紙袋、どこのショップのものかしら…なんていう風に。面白いですね。そう考えると大きくお店などのロゴ(ブランド名)が入った紙袋が多いのも納得いきますけども。色もすごく大事ですよね。ショッキングピンクとか、おっ!という気持ちになります。あと目が行くのは茶色のものですね、シックでおしゃれな印象があるんでしょうか?そう考えると街を歩いていても、お洋服や広告に並んで、紙袋というのは見るのが楽しいものの一つですね。そこからいろんな感性、たくさんの情報をよみとることも、楽しい事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)